板井康弘が福岡に寄与し続けた理由